ココロもカラダも不安に揺れる 40代女性を笑顔にする 【フラワリーカウンセラー】

*花材選びはどう進めていますか?*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薔薇に命を宿す
プリザーブドフラワーブーケマイスター
島田菜生美です***

 

皆さんは花材選び、どんな風に進めていますか?

 

img_2479-1

 

スクールに通っているときは大半が
用意された花材で形にすることに集中しますよね。

 

卒業と同時に自分の世界で花材チョイスするということが始まります。

 

ここからが『個性』を発揮できるわけですが、
皆さんは行き詰まりを感じたことはありませんか?

 

メインにする花材に合わせたい花材はこれ、これ、これ
と好みの花材に集中しすぎた結果、種類が多くなりすぎて
詰め込みすぎのクドイ印象のアレンジになってしまったり、

 

遊びのないつまらないアレンジになってしまったり。

 

自信が持てずに結局インターネットで画像検索して
無難な花材チョイスしかできなかったり。

 

今回は『色』をテーマにそのコツをお話ししたいと思います。

 

 

kind-of-the-tone

 

 

私はありがたいことに、インテリアアドバイザーとして
お仕事をするために勉強をした時代がありましたので
カラーバランスを取るコツをその時代に学びました。

 

このコツはフローリストさんにとってもと大変有効だと
思い、認定講座の生徒さんにはお話ししてきました。

 

この軸を持って花材選びをすれば
客観的な判断ができるので、思い通りのイメージに
完成させることができますよ*^^*

 

アレンジのコンセプトが決まって
キーワードをもとに使いたい色が大まかに決まったら、
今度は使いたい色のカラーボリュームを
3つに分類してみましょう。

 

1.ベーシックカラー

2.アソートカラー

3.アクセントカラー

 

この3つです。

 

簡単に説明すると、

ベーシックカラーはアレンジ全体で一番多く占める色。
アソートカラーはベーシックカラーを引き立てる色。
アクセントカラーはアレンジ全体にとってアクセントになる色。

となります。

 

これまでこういう配分を考えたことがなかった方は
ぜひ過去の作品で検証してみましょう。

 

img_2743

 

先日、フリーレッスンにお越しくださった生徒さんのアレンジで
分析すると、

ベーシックカラー → グリーン
アソートカラー → オフホワイト
アクセントカラー → ピンク

となります。

 

img_2485-1

 

このアレンジでいうと

ベーシックカラー → ピンク系
アソートカラー → グリーン
アクセントカラー → パープル

このアレンジに関しては細かく説明すると
ピンク系に数種類使っている理由などありますが
それはここでは割愛しますね^^

 

特にご自身でも悩んだ作品や、思ったように仕上がらなかった、
アレンジを指していてなんだか難しかった、と感じた作品を
ピックアップして検証してみてください。

 

この分類がうまくできていると、挿すときもそれほど悩まず挿せますが
そうでない時は指しながら悩んで手が止まったりするものです。

 

この感覚はプリザーブドフラワーしか習っていない方より
フラワーアレンジメントを習ってきた方のほうが感じる機会が多いかもしれませんね。

 

その理由も私の開催する体験レッスンにお越しいただければ
プリザーブドフラワーのレッスンで
フラワーアレンジメントをする方のお悩みにぶつかる理由が
おわかりいただけると思います。

 

今日もお読みくださりありがとうございました。
次回もお楽しみにしていただけたら嬉しいです。 

 

〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜

 

プリザーブドフラワーで苦戦しているフローリストさんへ

これまでは、独自のものとしてお教室や商品作りに使用してきましたが、
2017年は新たな一歩として、苦戦しているフローリストさんに
このメソッドをお役立ていただくお手伝いをさせていただこうと思っています。

 

他のフローリストさんと差別化を図れる
独自メソッドってどんなものなのか、
一度ご体験なさってみませんか?

 

詳細はこちらからご確認くださいね*^^*

https://www.agentmail.jp/form/pg/7302/1/

 

〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜

 

どんな風にこだわってどんなアレンジを制作しているのか
どうやって想いを形にしていくのか、もう少し詳しいお話を
知りたいな〜という方のために、メールマガジンを発行する
準備を進めています。

お花に興味がある方や、私の作品作りの裏側を知りたいな〜
という方は是非ご登録ください*^^*
スタートは、、、来月に間に合わせたいと思っています!
またあらためてお知らせしますね♪

 

〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜

 

ご質問、ブログのご感想につきましては下記アドレスまへメッセージをお願いいたします。

E-mail : bloomable@flowery-rose.com

 

〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜

 

贈り物は用途によって、お花にかける価格帯が決まることもありますね。
ご予算とサイズが決まったら、イメージをご相談ください。

どんな方に、なぜお花を贈りたいのかお話しください*^^*
イメージを形にするお手伝いをさせていただきます♡

 

〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜

 

島田菜生美 プロフィール

 

〜薔薇に命を宿す〜
プリザーブドフラワー ブーケマイスターの
島田 菜生美です。

 

IMG_9031

 

横浜出身、横浜育ち。
現在、茅ヶ崎在住。47歳。

 

奥様をご病気で亡くした
2人の子供を持つ夫と

離婚し3人の子を持つ私は
7年前に再婚し、

 

現在は
小4〜22歳までの2男3女と
8歳、3歳になるワンコで
賑やかに暮らしています。

 

大手住宅メーカーの
インテリアアドバイザーから

 

お花の仕事に転職するため、
横浜のフラワースクールに通い、
生花店にて働きながら
プロコースを卒業しました。

 

卒業後、
茅ヶ崎から名古屋への転勤に同行し
子育てがひと段落するまでは
ママ友向けに
フラワーサークル活動を楽しみましたが、

 

離婚を機に
アーティフィシャルフラワーレンタル会社の
アレンジャーや
結婚式場衣裳部で働くようになり、

 

その後、ご縁があって
式場傘下のプリザーブドフラワーブーケを作る
アトリエでチーフを務め、

 

ここでbloomable® メソッドの原型が誕生しました。

 

39歳で現在の夫と出逢い再婚し、
住宅展示場に勤務の傍ら
プリザーブドフラワーの教室販売を
続けてきましたが、

 

45歳の時、
今は亡きアトリエオーナーの
ご意志を継ぎたいと独立いたしました。

 

『まるで薔薇に命を宿す感覚✨』
と言われる独自メソッドで
プリザーブドローズを開花させると

 

ブーケとしてお使いになっても
壊れにくく、
生花ブーケのような
自然な美しさの仕上がりです。

 

沢山の方に
想いを込めて咲かせる喜びを
知っていただき
是非ビジネスにつなげていただきたい!

 

bloomable®メソッドが
プリザーブドローズの
一般的な開花法として認知され

 

プリザーブドフラワーの
可能性を最大限に伸ばすよう
活動していこうと思っています。

 

 

〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜