ココロもカラダも不安に揺れる 40代女性を笑顔にする 【フラワリーカウンセラー】

*あなたに提供したいこれからのこと♡*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“予防習慣でココロもカラダもフラワリーになろう✨”

これが今後あなたにお伝えしたい合言葉(*´꒳`*)♡

私自身、これまで健康には自信があったし、 事実
特にアレルギー症状で困ることもなく、幼少期から
皆勤賞を戴き続けたタイプだったので健康であることが
『普通』で、当たり前でした。

現在私は51歳ですが、最初に『体って壊れるんだ』と
実感したのは21歳の時。

短大を卒業した私はインテリアアドバイザーを希望して
住宅メーカーに入社しましたが、初年度の配属先はアパ
ート部門。インテリアアドバイザーが必要ない部署でし
た。

上司に掛け合い、与えられた仕事をマスターした上で
社内資格取得の講座を受講するのであれば許可します。
という約束を取り付けて半年間で所内の事務作業全て
マニュアル化し、講座受講がスタートしました。

当時はバブルで会社も忙しく、そんな私は残業の毎日。
その上気分転換に会社の仲間で2時、3時と飲み歩いて
もいました、、まるで男性社員のように
仕事も勉強も遊びも全力投球〜〜〜!

充実した毎日だと自分では思っていましたが、そんな
生活を約一年続けながら一次筆記試験に通過して、あと
はプレゼンテーション&面接試験に合格すれば!!と
いうタイミングで40度を超える発熱・・・

熱性痙攣を起こし人生初の救急車で運ばれるという事態
が起きました。

病院で熱を測ると42度になっていてお医者様から
『体温計は何度までか知っているか?!42度を超えた
ら脳がダメになるから、そういう設定になっているんだ!
もっと早く病院に来なさい!!』とむちゃくちゃ怒られ
ながら点滴されたことが朦朧と記憶に残っています。

この時初めて自分の体を過信しちゃいけないな。。と
反省しました。

翌日は朝イチで点滴を打ちにいき、熱性発疹で全身
ぶつぶつ状態で母の付き添いの下プレゼン&面接試験
に向かいました。

おかげでなんとか、年に2回しかチャンスのない試験に
合格することができました。この時の会社、お医者様、
母の協力には本当に感謝しかありません。

そんなむちゃくちゃな20代を経て結婚、出産し母に
なった私ですが34歳の時甲状腺腫瘍が見つかり、
私はストレスがホルモンバランスに出やすいタイプと
お医者様に言われ、過去を振り返ると会社に勤めた時、
3回の転勤の時、、その度に大体半年間生理が来ない
といった症状があったことを思い出しました。

このように大きな病気をして初めて健康の大切さを知り
自分の体を振り返るというのは一般的じゃないかと思い
ます。

以来、口に入れるものには意識が向くようになりました。
そんな私が健康のことを改めて考えさせられたのは3年前
に大きな筋腫が見つかり、予防医学と出会ったことから
でした。

ちょっと長いのでまた次回この先を書きますね!

〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜

『あなたが大切にしている人は誰ですか?』
『あなたが大切にしたいことは何ですか?』

あなたが大切にしたい人、こと、ものを本当に
大切にするために、まずはあなた自身があなた
のココロとカラダを大切にしましょう!

そのために必要なのは『予防習慣』です。

ココロもカラダもフラワリーな毎日を送っていただく
ために、あなたらしい『予防習慣』を築きましょう♡

あなたがあなたらしい予防習慣を身につけるお手伝いが
できるよう、このブログでも情報発信していきたいと
思います( ´ ▽ ` )ノ

合言葉があなたの心に届くこと、願っています☆彡

IMG_0908

【ココロとカラダに寄り添うフラワリーカウンセラー】
nana florist*